WordPress自動インストール(One-Click Installers)

ほとんどの海外サーバーはWordPressなどのオープンソースが自動インストール可能で、Dreamhostもいくつかのソフトの設定があるので試してみた。

コントロールパネルの「Overview」にある「One-Click Installers」をクリック

EasyModeとAdvancedModeがある。

とりあえずEasyModeを選択してみた。
WordPress、Zenphoto、phpBB、Drupal、MediaWikiが使えるようだが、警告文書を読むとテーマやプラグインを変更出来ないようだ。これではつまらないので、当然AdvancedModeに変更。

AdvancedModeでは、WordPress,、Gallery、ZenCart、PhpGedView、OpenX、Pligg、dotProject、Moodle、Joomla、phpbb、MediaWiki、WebCalendar、Advanced Pollが利用出来る。

早速インストールするディレクトリーをhttp://www.マイドメイン/wordpress/とし、MySQLデータベースの新規設定に必要なNew Database Name、Create a New Hostname、New Username、New Passwordを入力し、「Install it for me now!」をクリックするとブログタイトルとEメールアドレスを聞かれるので入力後、「Install WORDPRESS」をクリックする。

数秒でインストール成功のメッセージとともに、Usernameとパスワードが表示されるのでメモ。

「Login」をクリックすると当然英語版だが、WordPressの管理画面に。バージョンを確認すると一応最新の2.6.3。
結局日本語版に変更するなら手動でインストールしてもいいのだが、データベースの設定が一発で出来るので楽かな。
まぁWordPressに慣れている人ならMySQL設定も問題ないだろうけど。

関連記事

MovableTypeのインストール

コメントは受け付けていません。